受験生の声 台湾大学入試の合格事例・実績

台湾トランスの受験・入試サポートをご利用くださり、見事、台湾の大学/大学院に合格・入学されたお客様にお話をうかがいました。
出願する大学・学部選びのカウンセリングから、合格後の履修登録サポート、台湾での部屋探しまでご提供させてもらいました。
どうして台湾への進学を決めたのか、どのように志望校を選んだのかなど、台湾進学の体験談をお聞きしました。

たくさんの夢と希望をもって台湾生活・大学生活に進まれる皆さん、これらもずっと応援し続けていきたいと思います。皆さんご協力ありがとうございました。

台湾大学に進学したい!
鈴らさん(国立台湾大学 農業経済学科 入学)

Q 台湾の大学を目指したきっかけは?

中国語が大好きで、大学では中国語を勉強するのではなく、中国語で専門学科を勉強したらもっと楽しいだろうと思ったからです。

Q 出願する大学や学科はどう決めましたか?

台湾大学は台湾で最も古く伝統と歴史がある名門大学であり、台湾を始め世界から優秀な学生たちが集まるので、私もその中に交わって、自分を高めながら勉強したいと思っていました。

それから、台湾に旅行した際に食べたフルーツがとてもおいしかったのがきっかけで、台湾の農業に興味が湧いたんです。

※台湾で農業経済学科がある大学は台湾大学のみです。

Q 台湾トランスのサポートで良かった点は?

第一次申請の時はサポート会社を通さずに、自分で作成した自伝と学習計画書で申請しましたが、不合格となってしまいました。

でも、台湾大学に絶対合格したい!という気持ちが強く、インターネットで見つけた台湾トランスに相談してみたところ、合格するためにはどのようなことを書けばよいか、具体的な対策、アドバイスをいただき、よりよい自伝と学習計画書ができ上がりました。
おかげで第二次申請で合格することができました!

また、対応が親切丁寧で、応援や暖かい言葉もくださり、とても嬉しい気持ちになりました。
台湾トランスのサービス内容はとても満足いくもので、合格を目指したい人には、こちらに依頼することをオススメします。

◆鈴らさん、ありがとうございました!

華僑の入学枠を使った台湾進学
茜さん(国立台北商業大学 国際商務学科 入学)

Q 台湾の大学を目指したきっかけは?

小学校、中学校と部活やいろいろなことに挑戦したけれど、どれもしっくりこなくて。
自分が他の人と違うところ、得意なところって何だろうと考えたときに、私は父親が台湾人なので中国語ができることだと思ったので台湾へ進学することを決めました。

Q 出願する学科はどう決めましたか?

小さなころからいろいろな言葉に興味があったり、空港に行って外国人やいろんな人を見るのが好きだったので、国際的な仕事、日本と台湾、日本と外国、台湾と外国を繋ぐ仕事に就きたいという思いからです。

※ 台北商業大学・国際商務学科は専門分野の勉強に加えて、英語の習得にも力を入れている学科です。

Q 当社にサポートをご依頼くださった理由は?

華僑枠での申請方法を、自分で調べてみても情報が出てこなくて、インターネットで検索して見つけた台湾トランスさんに連絡してみました。

Q 台湾トランスのサポートで良かった点は?

問い合わせをした後、すぐにサポート開始ではなく、まずは相談することから始められたことです。
1対1で細かい点やわからないことに丁寧に対応してくれたので安心できました。

Q 学生生活・台湾生活でチャレンジしてみたいことはありますか?

授業の勉強を頑張ることはもちろんですが、在学中に発展途上国に行って、ボランティア活動に参加してみたいです。

Q 今後の学生生活、台湾生活で不安なことはありますか?

これまで学校の休みを利用して短期語学留学の経験がありますが、それでも言葉が通じるか、それから台湾の文化になじめるかも不安です。大学の勉強については、頑張るしかないと思っています。
それから日本の友人たちと離れてしまうので、少し寂しいです。

Q 台湾の大学へ進学を希望される方にアドバイスはありますか?

日本の学校での勉強をとにかく頑張ること!
勉強を頑張ることは自分と向き合うこと、心が折れそうなときもあって、葛藤したこともあったけど、今は勉強を頑張ってきて本当によかったです。

◆茜さんは中学生の時に、台湾への大学進学を決意し、高校在学中はずっと勉強を頑張ってこられたとのことです。

台湾生活を充実させたい
阿部さん(世新大学 餐旅經營管理組 入学)

Q 台湾の大学を目指したきっかけは?

もともとは日本の大学で中国語を学ぼうと思っていましたが、現地で台湾人と交流して身に付けるのが一番の方法だと思い進学を決めました。
それから、高校在学中に台湾の方との交流会があり、その時に台湾の方の優しさに触れることが多く、台湾なら安心して留学することができると思ったからです。

Q 進学を決めるうえで不安だったことはありましたか?

自分で手続きができるか不安だったことと、卒業後、日本で就職するとなると日本の大学生と時期がずれてしまうことです。

Q 当社にサポートをご依頼くださった理由は?

以前、台湾トランスの体験語学留学プランや大学見学プランを利用したときに、サポートの方の対応が良かったのでここなら信頼できると思ったこと。
他のエージェントと比べて値段が良心的で、現地に事務所がある会社のサポートの方が心強いと思ったからです。

対応が迅速丁寧で質問してもすぐに返答してくださり、不安な点をすぐ解消してくれたので安心してお願いすることができました。

Q 学生生活・台湾生活でチャレンジしてみたいことはありますか?

観光地以外にもいろいろな場に行き、もっと深く台湾について知り、台湾生活を充実させていきたいです。

Q 台湾の大学へ進学を希望される方にアドバイスはありますか?

写真やパンフレットで見る大学と実際に訪れたときの印象がまったく違ったので、ネットなどの情報のみで判断せず、できるだけ早いうちにいろいろな大学を見学して、自分の目で見て雰囲気を感じてみるといいと思います。

◆阿部さんは将来、中国語を使って台湾と日本の発展に貢献していきたいとのことです。

台湾でも環境ボランティアに参加したい
田中さん(淡江大学 日本語学科 入学)

Q 台湾の大学を目指したきっかけは?

高校時代から海外留学に興味はあったんですが、どの国か・どの言語か、具体的な希望はありませんでした。というか、そのときは中国語にあまり興味はなかったです(笑)

高校2年生の時、テレビで「最近人気のある留学先は、親日国の台湾」というのを知り、台湾に少し興味が出てきて、3週間の短期留学に挑戦しました。
そのときは淡江大の語学学校(付属中国語センター)に留学したのですが、クラスメートに、台湾の大学進学を目指す日本人学生が何人かいました。彼らの話を聞いているうちに、台湾の大学に非常に興味が湧いたんです。

Q 出願する学科はどう決めましたか?

まだ中国語があまり話せないですし、中国語でする授業だと自信がなかったので、日本人なら馴染みやすいと思い、淡江大学 日本語学科に決めました。
もちろん学校の勉強と両立して、これから中国語の習得にも励みたいと考えています!

3週間の短期留学中に知り合った日本人の先輩(同じ淡江大の学部に通っている留学生)に、大学進学のことを相談してみたんです。
中国語レベルが初級でも、台湾の大学に進学したいと気持ちが強いのであれば、やはり日本語学科がオススメだとアドバイスをもらいました。 と言うのも、日本人の場合、日本語学科が最も合格する可能性が高いからです。

Q 台湾トランスにサポートをご依頼くださった理由を教えてください

以前、台湾の大学見学ツアーに参加したときに、現地で案内してくれた台湾トランスのスタッフが親切だったからです。それで受験サポートもお願いすることにしました。

Q 受験に当たって不安なことはありましたか?

台湾の大学を受験する上で不安だったのは、やはり合格できるかどうかでした。
中国語力がまだまだ足りないまま受験を迎え、高校も決して進学校というわけではありませんでしたから。
さっきも話に出た、短期留学中に知り合った、大学入学を目指しているクラスメートの日本人はみんな、良い高校に通っている方ばかりだったんです。だから「自分のいまの能力・レベルでも、合格できる大学があるのか?」が一番の不安要素でした。

Q 今後の生活で不安な点はありますか?

大学の授業についていけるか、台湾生活になじめるかとか、いろんな不安はあります。
クラスメートがみんな台湾人の中ではたしてやっていけるのか?がとにかく心配ですが、夢に見ていた台湾での大学生活、そして第一志望の淡江大学へ入学できたので一生懸命がんばります!

Q 台湾トランスのサポートで良かったと感じた点は?

台湾で長期生活をしたことがなくて、まだ分からないことがたくさんあったので、細々したことをいろいろ質問してしまいましたが、いつもレスポンスが早くて安心感がありました。

Q 入学後の目標や、挑戦したいことはありますか?

高校時代はボランティアに積極的に参加していたので、台湾でも環境問題などのボランティア活動ができたらと考えています。
それと今の自分のように台湾の大学を目指している人がいれば、自分の経験に基づいたアドバイスをしていきたいです!

◆田中さん、ありがとうございました!

日本での就職から、台湾の大学院へ進路転換
須永さん(文化大学 大学院 国際貿易科 入学)

Q 台湾の大学院を目指したきっかけは?

今、25歳なのですが、実は日本の大学在学中に就職活動が希望どおりにいかなかったんです。
日本語教師が志望だったのですが、なかなか就職先がありませんでした。以前から教師養成講座に通って、コツコツ努力はしたのですが、思ったようにはいきませんでした。
それで、やっぱり勉強をやりなおすべきだと思い、大学院進学の道を考え始めたんです。
台湾は、大学時代に1年間、語学留学した経験があって、現地の生活にも慣れていたので迷うことなく選びました!

Q 出願する学科はどう決めましたか?

正直に言うと、「何々学科に進みたい!」というような明確な希望はなかったんです。
日本語教師を志望する気持ちもまだ強かったので、1ヶ所は日本語学科にしようと思って、淡江大学の日文学科にも出願しました。
それ以外は、「就職に有利」という(台湾トランスの)サポート担当者さんのアドバイスで、国際貿易学科国際企業学科企業管理学科などビジネス関連の学科を選びました。

Q 台湾トランスにサポートをご依頼くださった理由を教えてください

以前の台湾留学(語学留学)のとき、現地サポートしてくださったのが台湾トランスだったので。

Q サポートを申し込むのに不安はありましたか?

短期留学のときに、台湾トランスのスタッフとは面識もあったので、受験サポートもお願いするのに不安はなかったです。

それより心配だったのは、台湾の大学院に受かるかどうかですね。
3校6学科に出願したのですが、1学科でもいいから何とか受かりますように…… そんな想いでいっぱいでした(笑)
結果は受験した6学科中、5学科に合格することができました!

Q 合格した5学科から、国際貿易に入学を決めた理由は?

国際貿易学科に決めた理由は、学ぶテーマが分かりやすいからです。
日本語学科も受かったのですが、「日文科だと、卒業後の進路がやはり日本語教師とかに限定されてくる」とサポート担当者さんに言われて。
恥ずかしながら、将来の夢がまだはっきり定まっていないので、大学院卒業後にできるだけ多くの選択肢を作っておこうと、中国文化大学 国際貿易学科に決めました。

Q 台湾トランスのサポートで良かったと感じた点は?

細かい配慮が行き届いていて、何から何までサポートしてもらいました!
特に助かったのは、出願する自己紹介文・経歴書や留学計画書の作成や手直しを手伝ってくれたことです。とても心強かったです。

(※台湾の外国人入試は書類選考だけなので、きちんとした自己紹介や経歴書を準備することが、合否を左右します)

Q 今後の生活で不安な点はありますか?

授業についていけるかまだ自信がありません。
卒業できるかどうかについても正直、不安はあります。ただ、今の自分にはこれしかないので、がんばるしかないです!

◆須永さん、ありがとうございました!